自由記述の要望(抜粋)と回答

自由記述の要望(抜粋)と回答                                           

人権・同和教育について、何をされているのか不明瞭である。

 →生徒が行うすべての学校生活の基盤とし、授業、部活動、キャリア教育などの目標に人権意識の高揚に努める項目を設定しています。生徒は毎学期のホームルーム、人権・同和教育だより「和」の発行、毎週木曜日の啓発資料配布、講演会、研修会を通じて学習しています。

                         

いじめ防止の取り組みがわからない。

 →生徒の日常生活の変化を担当教員だけでなく、学年、部活動など複数の教員で情報交換をしています。また、学校生活に関するアンケート(いじめについてのアンケート)を学期に1回実施し、生徒理解の職員会議等で生徒の状況確認をしています。本校のいじめ防止基本方針はホームページに掲載しておりますのでご覧ください。                                                                                                                        

 

配布物について、どのような「便り」が出ているのでわかりません。

 →学校からのプリントは色のついた用紙に印刷をしています。配布時には保護者へ渡すよう指導しておりますので、保護者の皆様からもお声がけをお願いします。

                                                                                                       

緊急メール配信について

〇連絡メールをもう少し活用して「便り」とは違う形で伝えてもらいたい。

〇JR等の災害による対応しかもらっていないような気がします。

〇緊急メールをもう少し早く配信してほしい。

 →緊急時のお知らせは、学校からメールを配信しております。緊急メールはできるだけ早く送信するようにいたしますが、各地の細かい状況や交通機関の最新情報が入らない場合もあります。対応が難しい場合は学校へ連絡をしてください。

 また、メールは緊急度・重要度の高い情報の連絡ツールと位置付けているので、緊急時のみとさせていただいております。平常時の連絡は行事予定表、プリント、ホームページ、各種たよりでお知らせしています。プリントでの連絡はお子様と学校生活について話し合っていただく機会になると考えますので、その旨ご理解いただき、ご協力いただきますようお願いいたします。                                                                                                                          

00336